園の特色

ごあいさつ

こんにちは!

 

あさひ台幼稚園の小多喜孝道です。

あさひ台幼稚園は昭和42年4月から開園し、
7年半に亘り諸事情により自主運営で運営される点に県当局は、
これら解決のため新設置者を さがす中で、不肖私が紹介され
平成2年より園長に就任させて頂きました。
学校法人小多喜学園参加になりました。

 

特に就任を決意するに当り、次の点の基本考えがありました。

 

1つには、園児達の園長がいないこと。

2つには、働く教員の退職金や共済労働保険等解決し身分の保障で教育に専念してもらうこと。

3つには、ご父母の皆様の就園奨励費を解決し、 父母負担軽減に努力したいこと。

4つには、前放置者の名義の園を救ってあげること。

 

等を創立以来の考えを就任し早や20年を過ぎました。
特に経験豊富な先生方とご理解あるご父母の皆様のご支援とご協力により、円満な運営により今日にいたっております。
教育内容の中では自主自立と人間愛を中心に遊び心を通じて、健康な体と強い心を育てる。
保育ハンディをもつ友だちとの人間関係により、手をかしてあげたり思いやりの心を育てる保育を心がけ、親も子ども達も「入って良かった。」「入れて良かった。」と満足いただけるよう努力し、地域の皆様に愛される幼稚園にと、教育者と共に精進しております。
是非、遊びに来てください。

 

お待ちしております。 合掌

あさひ台幼稚園の特長

「遊びの王様、どろんこ隊」

遊びの王様、どろんこ隊 草も、花も、石も、水も、自然はみんな子どもの友だち。

青空の下で、太陽の光をいっぱいに浴びながら、みんなの心と心が楽しそうに手をつなぐ。

そんな素晴らしい結びつきは自然の中の自由な遊びから生まれてきます。

型にはまることなく、自分を自然の中で思いっきり解放して、
ありのままの自分を思いきり表現していく。

それは、しっかりと自分でものを考え、個性が要求される。

これからの社会の重要なファクターになると考えます。

そこで、「遊び」を教育の柱に置くあさひ台幼稚園。

スローガンは、「遊びの王様、どろんこ隊」です。

お日様の下で、どろんこになって元気いっぱい遊ぶ。

自然からプレゼントされる四季の変化にワクワクしたりドキドキしたり、また、友達との関わりの中から生まれる新しい表現や思いやりに感動する毎日を大切にしていきたい。

遊びを通じて得られる「カラダと心の健康」というかけがえのない宝石を大切に磨いていけるような園生活を私たちはめざしていきます。

こんな子どもに育てたい。あさひ台幼稚園の7つの願いです。健康で元気に友達と遊べる子明るくのびのびと行動できる子よく考えて行動できる子あいさつのできる子すべてのものを愛する優しさと思いやりのある子自分のことは自分でできる子最後までやり通す子/あさひ台幼稚園は神奈川県立三ツ池公園の南高台にあり、とても閑静でのどかな環境にあります。